MENU

高校生の塾を選ぶコツ・勉強する習慣のない子どもには?

高校生(男子高生・女子高生)でも勉強をしなれている子どもばかりではございません。
勉強する習慣が、まだしっかりついていない学生も。いるはずです。
そのため塾の選び方を間違えてしまうと、勉強の習慣のある学生と一緒に進んでいくことができず、脱落してしまうこともありました。
そこで勉強の習慣をつけることを目的とした学習塾や予備校を選ぶことが重要となるのです。
この場合、1人ひとりを丁寧に見てくれるタイプの塾がオススメです。
せっかく勉強の習慣をつけるための塾通いが、逆に勉強嫌いになってしまっては大変です。
そのため勉強の習慣をつけるための塾を選ぶようにしましょう。
そして習慣がつくことでだんだん実力がつき、勉強の楽しさを感じられるようになり、勉強の土台がしっかりつくられていきます。
そのためにも1人ひとり目の届く少人数制の塾や個別指導型の塾の方がオススメです。
自分のペースですすめられる塾を選び、少しずつ勉強を身につけながら実力をつけていくようにすると、今度は学力に自信がつき、それによって勉強の習慣が確率されていきます。
特に勉強の習慣がついていなかった学生は、今までクラブなど頑張っていた場合も多く、受験にぎりぎりになってしまうことも見つけました。
そんな場合は焦らず勉強の習慣をつけたら、あとは全教科を平均的に伸ばしていく方法より、1教科を徹底的に伸ばすという方法もありました。
現在は1教科特に特化した試験方法を選ぶことも可能です。
ただしこの場合は、1教科を徹底的に伸ばす塾やコースを選ぶようにしなければなりません。

このページの先頭へ