MENU

高校生(男子女子)の塾の選択方法・集団指導型について

高校生の塾の選び方は、ん〜、自分にあっている塾を選ぶようにしたいものです。
その中で大手塾と中小塾という分け方があります。その中にも集団指導型と個別指導型というものがありますね。
そこでまず集団指導型のメリット、デメリットをご紹介していきましょう。
まず集団指導型は大手塾に多いタイプですが、1クラスに多くの学生が授業を受けているので、回りの学生に刺激を受けて、お互い良い意味いで競争心を高めて、しっかり勉強をして成績を高めていく可能性が見つけました。
またクラスの人数が多いので、講師が勉強の流れをつくるため無駄のない流れで授業を進めていくことができるのです。
他にも受験に向かって、しっかりとペース配分が考えられた予定に従ってカリキュラムを進めていくので、受験に間に合うように勉強が可能なのです。
また受験料は平均的に安めというメリットも。
それに比べてデメリットも当然あります。
1クラスの人数が多いことで競争意識が必要以上強まってしまうことも。
そしてカリキュラムどおりにどんどん進むので、病気で休んだり、クラブで休むようなことがあると、だんだんついて行けなくなります。
また教師のペースで流れて行く授業なので、質問などタイミングをうまく掴めないと、だんだん落ちこぼれてしまうことも。
他にも勉強の習慣が身に付いていない学生は、自分のペースをつくりにくく、これも脱落につながってしまいます。
どうしても人気講師の集団指導型を受けたい学生の中には、同時に個別指導型や家庭教師などと並行して落ちこぼれ対策を行っている学生もいるほどです。

このページの先頭へ