MENU

高校生の塾を選ぶ方法・塾と予備校の違いから見えるもの

高校生の塾を選ぶコツとして、塾と予備校というものが見つけました。
この違いはズバリいかなるものなの。
特に法的な違いはありない。一般的に塾は高校生を対象としており、予備校の場合は浪人している人や高校生(男子高生・女子高生)、他にも社会人でも大学を目指している人など、多数な人を対象としています。
そのため予備校には高校の授業をフォローしながら受験勉強のできる総合型や、高校の授業をフォローする補習型はなく、大学受験の勉強を徹底的にしたい進学型となります。
また多くの人が真剣に受験に向き合っていることにより、刺激も受けやすいとも言えます。
しかし予備校には必死で受験に向き合っている人だけでなく、なんとなく通っている人や、予備校に通っているだけで何とかなると勘違いしている人もいます。
つまり予備校に通うための目的は受験ですが、そこに集まる生徒はいろいろということです。
予備校のしっかりしたカリキュラムやテキスト、講師による講義などをどのように自分のものにして利用するかは、自分次第というのはころが見つけました。
このように予備校は自己責任がなければ、落ちこぼれていきやすいとも言える。
逆に進学塾や補習塾などは高校生(男子高生・女子高生)に対しての授業なので、受験に対する心構え的な導きもプラスされている傾向がありますね。
もちろん塾と予備校のしっかりした線引きがないのが現実ですが、以上のような傾向があるので今現在の自分にあったところで受験勉強をしていくことが大切ではないでしょうか。

このページの先頭へ