MENU

高校生の塾を選ぶコツ・友だちが通っている塾と通っていない塾

高校生の塾を選ぶ方法について考えるときに、友だちが通っている塾が良いという人と、これはあまりお勧めできないという人がいます。
どのように考えるといいのか、その辺のことをご紹介したいと思います。
まず友だちが通っている塾の場合、友だちが通っているので中の雰囲気や勉強内容などもある程度分かるというメリットがありますね。
また友だちと一緒に通うことができたりと、友情が深まったり、帰り道も安全とも言えるかも知れません。
しかしせっかく勉強をしにいくのに、友だちと遊び感覚で塾通いということになりかねません。
またお互いに、、、、ちゃんがこの程度なので、自分もこの程度でいいだろうと、どんどん高め合うのではなく低めあってしまうというデメリットもありました。
友だちと高め合うことができれば、もちろんメリットとして考えられますが、やはり人間は苦しいことより楽なことに流れやすいので、どうしても低め合ってしまうことが多いようです。
そういう意味では、あまり友だち関係の生徒と一緒の塾は問題も多いと言えます。
しかし友だちが通っているからこそ、その塾の良いところや悪いところが分かるなんてこともあり、誰も知り合いのいない塾に行く場合は、思ったより厳しかった、思ったより分かりにくかったなどの不満を感じる可能性も高くなります。
しかし受験はなんだかんだなれ合いはあまり良い結果を生みません。
受験は一人ひとりの単独の戦いなので、一人のところで頑張る方が良い結果が出やすいと言えそうです。

このページの先頭へ