MENU

高校生の塾の選択方法・個別指導型の塾を組みあわせる

高校生の塾を選ぶポイントとして1つの塾に頼らず、2つの違ったタイプの塾を同時に受けることで、確実性の高い大学受験を行っている学生もいます。
特に目的の大学に絶対に入りたいという場合におすすめの方法です。
やはり受験の情報やカリキュラム内容の質の高さは、大手塾や予備校の集団指導型が一番ではないでしょうか。
ただし授業にどんどんついて行ける学生の場合はいいのですが、なんだかんだ集団指導型は分からないことがそのままになってしまいがちです。
それによりどんどん分からないことが連鎖していき、最終的には落ちこぼれてしまうことにも。
そこで信頼できる大手塾や予備校で授業を受けながら、もう一つ個別指導型の塾を並行して行うという方法がありますね。
集団指導型の流れに沿って受験勉強をすすめ、その予習復習などを個別指導型でしっかり補うというものです。
この方法は集団指導型授業についていくためだけでなく、分からないところを浮き彫りにすることが可能なのです。
自分の本当に欠けているところは以外と分からないものですが、集団指導型の授業についていけないことから発覚し、そこをしっかりフォローすることで、受験勉強で自分の虫食いの部分を埋めることができるのです。
そして集団指導型のメリットでもあるカリキュラムの素晴らしさをうまく利用して、受験勉強の流れをそこに合わせて進むことができれば、受験を成功への確実性も高まるはずです。

このページの先頭へ