MENU

高校生(男子高生・女子高生)の塾を選ぶポイント・失敗しない予備校選び

高校生の大学受験に対応する予備校の選択方法についてのご紹介です。
予備校の場合、多くが集団塾となりますが、受験にしっかり対応した授業を無駄なく行ってくれます。
しかし選べないほどな予備校があり、数多くなコースがあったり、予備校の個性も見つけました。
そこで自分に合っている予備校を選ぶために、まず体験授業を受けることをオススメします。
多くの予備校で体験授業を実施しており、そんなときには授業内容や講師の考え方などチェックしておくと、よりまとまらないくらいなことが見えてきて、「自分に合いそう」「自分にはちょっと合わない」などなんてことも感じるはずです。
また今は大手予備校でも、サポートを充実していると言われています。
特に集団指導型は質問をする時間がないため落ちこぼれが多く、少しでもそんなことがないようにフォローする傾向があるのです。
そこでサポートに入るアルバイトの学生の人数などもチェックし、教室の生徒何人に対して、何人のサポートが入るかなどを幾つかの予備校で比べてみるのもいいかも知れません。
また自分の志望校のたくさんな情報は、やはり大手予備校の方が入手しやすいと言われています。
できるだけ情報が入り、それに従って受験勉強を進めてくれる予備校を選ぶなら、ん〜、大手予備校がオススメです。
ただし地元に根付いた予備校は、地元の大学についての情報はとても早く入手すると言われているので、自分がどの大学を目指すかによって予備校を選ぶ方法も違ってきます。

このページの先頭へ