MENU

高校生(男子女子)の塾の選び方・個別指導型について

高校生(男子女子)の塾を選ぶコツとしては、なんだかんだ自分に合ったタイプを選ぶことで、勉強が好きになったり嫌いになったりということもあり、受験の成功率にまで影響が見つけました。
そこで集団指導型に対して個別指導型というものがあり、ここでは個別指導型のメリットとデメリットを考えてみましょう。
個別指導型とは講師1人に対して2〜3人の教室や1対1の教室などのことを指します。
この場合、分からないことを聞くことができない学生にとっては、しっかり質問もできるので自分のペースにあった勉強ができます。
その代わり自分あるいは少数人数のペースになるのであまり刺激はございません。
その分ついて行けないなどもなく、落ちこぼれにくいとも言える。
特に1対1の場合はクラブなどに合わせて、自分のペースで進めてもらうことができるところもメリットです。
相当能力の高い学生が、より高い教育を受ける場合や、逆に能力はまだ伸びきっていない状態の学生が基本からしっかり自分のペースで勉強するなど、その利用方法は選べないほどです。
また集団指導型と個別指導型を同時に行い、集団指導型の流れに沿って勉強しながら、落ちこぼれを防止のために利用されている場合も見つけました。
デメリットとしては、費用の面はどうしても集団指導型より割高になります。
また自分のペースで勉強が進められるので、多くの学生と切磋琢磨する気力が低下しのんびりしてしまう傾向も。
他にも先生とのコミュニケーションが取れることはメリットですが、先生となれあってしまうというデメリットもあるので、十分に、注意しなければならないという部分もあるのです。

このページの先頭へ