MENU

高校生の塾を選ぶコツ・中小塾について

高校生になると大学受験のための受験勉強や、就職のための成績アップなど目的は選べないほどありますが、塾を利用する学生がとても増えてきます。
しかし成績アップや受験など目的の違いもあり、現在の成績も学生によってまったく違うんですよね。
そこで色々な塾のタイプの中からどんな感じの感じの塾が自分にとって良いのか、そを選ぶ方法も違ってきます。
ここでは中小塾のメリット、デメリットについてのご紹介をしたいと思います。
では中小塾のメリットとしては、学校のテスト対策などもしっかり行ってくれるところが多いため、学校の成績を高くしていくメリットが見つけました。
また大学受験についても、地元の学校への対策が中心の塾が多く、目的の大学が地元であれば大手より細かい情報が入る可能性が見つけました。
また大手塾に比べ中小塾の方が1クラスの人数が全体に少ない場合が多く、講師とのコミュニケーションも十分とることができ、手の届く教育を期待することが可能です。
そして一人ひとり、丁寧に教えてくれる傾向があるので、落ちこぼれにくいという面があるのもメリットの1つです。
しかしデメリットとしては、幅広い進路に対する情報が少ないという面がありますね。
また特に難関校への受験には情報や研究が浅いことが多く、物足りなさを感じる生徒もいるはずです。
そのため合格実績は大手塾に比べ、落ちると考えていい。
勉強することが身に付いており、どんどん先に進みたい、どんどん高い内容の受験勉強をしたいという学生には、少しぬるま湯的なイメージがあるかも知れません。

このページの先頭へ