MENU

高校生(男子高生・女子高生)の塾を選ぶコツ・目的の大学を決める

高校生の塾を選ぶポイントにより、意味があまりなくなってしまうことさえありますね。
そこで大切なことは自分の目的をしっかり決めるということが見つけました。
まず大学進学のためか、今の成績を高めたいのかによって受験対応の塾か、補習型の塾かを選ぶ必要がありますね。
そして受験を希望する場合は、どの大学を狙っているのか、どのランクの大学を受験したいのかを決めることがポイントです。
現実に高校の成績から目指す大学を決めることで、それにあった塾を選ぶことが可能なのです。
例えば東大、京大などの公立難関校を目指しているなら、これらの実績のある塾を選ばなければなりません。
そして現在の実力が目的に達するためにはズバリどんな感じか勉強が必要なのかを考えます。
基礎的なことが不足していれば、その部分もしっかりフォローしながら公立難関校コースの塾で勉強することが必要となります。
逆に私立中ランク以下の大学を希望しているなら、逆に上でご紹介したような難関校より、一般私立大学の合格実績の高い塾がおすすめです。
また現在の実力によって、高校授業のフォローが必要であれば、それができる塾を選ぶことが必要となります。
このように受験大学をどこにするか、どのランクにするかなどによって、塾を選んだりコースを選ぶことが必要となるのです。
もちろん勉強をしていくうちに、もっと上のランクに行けそうだというようになったばあい、大手塾なら1ランク上のコースに変更したり、個別指導型に変更するなとかもでき、それらの相談にものってもらえるというメリットが見つけました。

このページの先頭へ