MENU

高校生(男子女子)の塾の選択方法・こんな落とし穴も

高校生の塾を選ぶ方法として、落とし穴もあるので注意しましょう。
まず大学受験の塾選びには、合格者の実績はとても重要となります。
しかし単なる合格者数に惑わされないこともポイントです。
例えば大手塾などでは受講生も多く、難関校の合格が多かったとしても、全体の何割になるのでしょう?
例えば「東大合格者bP」という塾に対しては、確かに優秀校を目指す勉強ができる塾であることは分かりますが、人数的には塾の実力より規模のSizeを感じることができるだけなのです。
つまり自分が挫折せずに塾の授業についていき、努力をしていかなければ、いくら東大合格者1の塾であっても受験の成功にはつながりません。
また授業料が高ければ良い塾という考え方も、しっかりと、チェックしなければなりません。
学生だけでなく親も合格に対して必死になると、余裕があればできるだけ高い塾で最高の教育を受けさせたいという場合もあります。
しかし現在、塾や予備校の年間授業料は50〜100万円と言われており、それ以上の場合の多くは宣伝費や個人勧誘費などの経費が上乗せされていることも多いので注意しましょう。
決して授業料が高いイコール優秀な塾ということはないのです。
また他にも自信のある講義を行っている塾の場合、体験ができるようになっているのが当たり前というのが現在の空気となっています。
そのため自信がある塾ほど無料体験を行っているので、無料体験を是非受けて自分にあっている塾を選んでいきましょう。
また塾の問題ではありないです。自宅から塾への通学時間が1時間以上の塾はオススメまずできません。
塾についたらもうくたくた、自宅に帰ったらエネルギーもなくなってしまっています。
しかし塾は通うことが大切なのではなく、授業を受けることとその後の予習復習が重要なので、1時間以上かかる塾は避けたいものです。

このページの先頭へ