MENU

高校生(男子女子)の塾を選ぶコツ・個別指導型の塾と家庭教師の違い

高校生の塾の選び方として、個別指導型の塾と家庭教師の違いを考えてみましょう。
個別指導塾は講師が1人に対して生徒が1人もしくは2〜3人の少人数塾となり、家庭教師と大して変わらないようにも感じますがどのように違うの。
まず家庭教師は自宅で学生を教え、個別指導型塾はあくまでも塾で教えるため、1対1であっても塾に学生が通い、授業は塾の個室で行うことになります。
このような違いもあって、価格的にも個別指導型塾より家庭教師の方が高くなるのが一般的です。
もし勉強の仕方が分からないでしょう。やる気がないという学生には家庭教師がおすすめ。
逆に自分のニガテな分野を集中的に勉強したい、ニガテを克服したいなど、自分のペースで受験勉強をしたい人は個別指導型塾がおすすめです。
個別指導型塾の場合はどんどん受験勉強をしたいけど、つまずいている場合に適しており、家庭教師は本気で受験に向かっていない学生や、勉強の仕方が身に付いていないという場合に適しています。
特に集団指導型塾と併用して使う場合は、個別型で集団型の分からなかったことを克服していくといいい。
また勉強が身に付いていない学生は、そのまま集団指導型塾を受けても落ちこぼれやすいので、家庭教師で勉強に対しての意識を高めてから集団指導型塾と併用するといい確率は高そうです。
また受験勉強ではなく、学校の成績アップなどにも家庭教師は個別指導型塾より効果がありますね。
あくまでも基礎の部分で高める場合は家庭教師、基礎がある程度できている上で、もっと上級を目指したいという場合は個別指導型塾がオススメなのです。

このページの先頭へ