MENU

高校生の塾を選ぶコツ・塾のタイプを選ぶ

高校生(男子高生・女子高生)の塾の選び方といっても、学生の状況が別々ありました。
その状況に合った塾のタイプを選ばないと、メリットはあなりない。
逆に言うとそれほど塾を選ぶポイントは、よくイメージするのが必要なのです。
まず自分が何のために塾に行きたいのかをはっきりいさせましょう。
まず学校の勉強をしっかり高めたいのか、学校の勉強+大学受験なのか、大学受験に集中したいのかとはころがありました。
学校の成績があまり良くないという場合は、学校の勉強をしっかりフォローする必要が見つけました。
その上で受験をしたいのか、特に受験は考えてないのかによって、塾の選択方法は変わってきます。
まず学校の成績だけなら補習型の塾でOK。
またプラス受験も考えているなら総合型の塾がオススメです。
そして学校の授業はほとんどできている学生や、なんとかついていけるという学生で受験を中心に勉強したいなら進学型がいい。
特に補習型は中小塾に多く、受験型や総合型は大手塾などに多い傾向が見つけました。
そして今ご紹介した大手塾、中小塾があり、その中には集団指導型と個別指導型があるのです。
特に大手塾は集団指導型の1クラスの人数も相当多いタイプもありますね。
個別指導型は大手塾にも中小塾にも別コースとして用意されているところが多いようです。
基礎をしっかり勉強したいという場合や集団指導型にはついていけないという学生、もっと専門的に深めていきたい学生などには個別指導型がオススメです。
学生の今の状況に合った塾を選ぶには、。なタイプから自分にぴったりの塾を選びましょう。

このページの先頭へ